人気ブログランキング |

写真や小旅行、おもちゃなどの好きなものとの日々。引退した名古屋鉄道7000系「パノラマカー」のおもいでや、ディーゼル機関車・私鉄電車のことなどをつづっております。


by panonana-go

<   2010年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 今日は、ちょっくら犬山にある博物館 明治村へ。
c0185241_021870.jpg

村内を走っている蒸気機関車京都市電が、12月20日より運休との
こと。ひさしぶりの訪問に、機回し(?)を見たり、乗車したり・・・と、ちょっくら
はずがどっぷりになってしまいました(苦笑)。
c0185241_0212427.jpg

村内の交通手段としてボンネット(風)バスも走っておりますが、やっぱり
明治の鉄道車両が走っていてほしいもので・・・早く復帰することを、陰ながら
願っております。(明治村写真などは、また次回以降に・・・。)
by panonana-go | 2010-12-06 00:23 | 写真 | Comments(0)
 なんだかやけに強い風が吹いたいちにちでしたが、相変わらずあっちへ
こっちへ。そんな中、寄り道した名古屋港線には・・・
c0185241_0164744.jpg

DE10 1517号機が入線。先日のシキ車入線の際は混雑したこの場所も
今日は私ひとりきりでした。
c0185241_017091.jpg

 その後、横風に吹かれつつ知多半島道路で武豊まで。今日の衣浦臨海
鉄道 半田線コンテナ便KE65 3号機が担当。先日のカーブからまた
100mほど乙川駅に寄った地点での撮影となりました。
~おまけ~
c0185241_0171220.jpg

気動車まで313スタイル(?)の昨今、キハ75にますます愛着が・・・。
by panonana-go | 2010-12-05 00:20 | 名古屋港線 | Comments(0)
 今日はなんだかフシギな天気に見舞われた名古屋でしたが・・・
12月とはおもえない昼間の暑さ(?)はなんだったのでしょうか?
c0185241_0535249.jpg

 さて、今回はひさしぶりに北陸線写真から、雪(?)の津幡駅に
停車する485系ボンネット車でのしらさぎ号(K25編成)です。いろいろな
485系がそれぞれの北陸線特急に充当されましたが、それから8年後には・・・
c0185241_054475.jpg

 683系だらけになっているとは・・・。485系も、かなり厳しくなった昨今
米原までとかでもいいので「リバイバルしらさぎ&加越号」
一度くらいは見てみたいものですが・・・。(こちらは、大垣駅にて撮影。)
by panonana-go | 2010-12-04 00:58 | 北陸線 | Comments(0)
 今日もばたばたしていちにち。そんな中、寄り道した名古屋港線には・・・
c0185241_023996.jpg

DE10 1725号機が単機で入線。お供のキヤ97は、どこへ行ってしまった
のでしょうか?
c0185241_025156.jpg

 その後、半田市まで行く用事があったので武豊線にも寄り道。今日の
衣浦臨海鉄道 半田線コンテナ便KE65 1号機の担当でした。ちなみに
今回は、いつも撮るカーブよりちょっと乙川駅寄りに行ってみました・・・。
by panonana-go | 2010-12-03 00:06 | 名古屋港線 | Comments(0)
 12月となりまして、なにやらあわただしくなってきました。そんな中、
今日は名古屋市交通局(地下鉄)桜通線用車両の甲種回送へ寄り道。
c0185241_0272113.jpg

今回は、DE10 1517号機が牽引。標準色の登板に、大満足でした。
c0185241_0273225.jpg

 こちらは、先日の「レトロでんしゃ館」より初代の地下鉄100形。ちな
みに今回のタイトルは、名城線開通時に「名古屋地下鉄の歌」として
採用された曲名からいただきました。・・・って、どんな曲だったのでしょう?
by panonana-go | 2010-12-02 00:29 | 機関車 | Comments(8)
 明日から、もう師走12月ですねえ・・・早いものです。
さてさて、11月最後の名古屋港線には・・・
c0185241_035649.jpg

DE10 1503号機が入線。キヤ97×2のフルセット編成でした。
c0185241_043376.jpg

 その後、日進市まで行ったのでレトロでんしゃ館寄り道。写真の
1421号車は「名港行き」の表示となっていまして、名古屋市電が
走っていた頃の名古屋港線にも、思いを馳せました・・・。
by panonana-go | 2010-12-01 00:07 | 名古屋港線 | Comments(0)